ワンタイム保険|NTTドコモの1日自動車保険

NTTドコモが提供しているワンタイム保険の中に、1日自動車保険がります。これから1日自動車保険に加入しようとする場合、大手3社(東京海上日動、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保)の提供する商品と、このワンタイム保険が候補としてあがることが多いでしょう。ここではNTTドコモが提供するワンタイム保険について、補償内容、特約、サービスなど検証しています。

続きを読む

ワンデーサポーター|あいおいニッセイ同和損保の1日自動車保険

ワンデーサポーターはあいおいニッセイ同和損保から販売されている1日自動車保険です。初めてワンデーサポーターに加入する方にも分かりやすいよう、また既にリピーターとして何度も利用している方にも「そうだったのか」と思ってもらえるよう、ワンデーサポーターの全貌をお伝えします。

続きを読む

ちょいのり保険|東京海上日動の1日自動車保険

ちょいのり保険は東京海上日動から販売されている1日自動車保険です。初めてちょいのり保険に加入する方にもわかりやすいよう、また既にリピーターとして何回もちょいのり保険を利用している方にも「なるほどな」と思ってもらえるよう、ちょいのり保険の全貌をお伝えします。

続きを読む

1DAY保険|三井住友海上の1日自動車保険

1DAY保険は三井住友海上から販売されている1日自動車保険です。初めて1DAY保険に加入する方にもわかりやすいよう、また既にリピーターとして何度も利用している方にも「そうだったのか」と思ってもらえるように1DAY保険の全貌をお伝えします。

続きを読む

格安スマホや格安SIM(MVNO)で1日自動車保険は利用可能か検証する

スマホを使って1日500円から気軽に加入できるとあって普及しつつある1日自動車保険。いざ申し込み手続きをしようとしたら「ご利用の端末は対応していません」と先に進めず困った方も多いはず。1日自動車保険は申し込みができるための条件がいくつかあり、もしかしたら格安スマホや格安SIM(MVNO)を利用していることが原因かもしれません。各社商品の格安スマホや格安SIM(MVNO)への対応状況をまとめました。

続きを読む

1日自動車保険でバイク、原付は対象にできるのか検証する

若者の車離れが叫ばれて久しいですが、自動車を保有する人口が減るごとに他人の車を借りて運転する機会がますます増えています。親の車や友人の車を借りて運転する機会に役立つ1日自動車保険ですが、バイクや原付を借りて運転する時には利用できるのか確認しました。

続きを読む

レンタカーやカーシェアリングで1日自動車保険は登録可能か検証する

1日だけ車を運転する場面といえば、レンタカーやカーシェアリングを利用する時のことがまず思い浮かぶでしょう。レンタカーやカーシェアリングで借りた車を運転する時に、1日自動車保険は利用できるのか気になった方も多いでしょう。レンタカーやカーシェアリングは各社の1日自動車保険は対象になるのかを検証しました。

続きを読む

1日自動車保険で法人名義の車は対象になるのか検証する

ちょっと車を借りて運転する時に、1日単位で契約できる1日自動車保険はとても使い勝手のよい保険です。しかも1日の保険料は500円から。活用しない手はないですよね。しかしちょっと借りようと思っている車が、たまたま法人名義だった場合、1日自動車保険は利用できるのだろうか、そう疑問に思った人も多いでしょう。法人名義の自動車で1日自動車保険を利用できるのか検証しました。

続きを読む

1日自動車保険に本人名義や配偶者名義の車で加入できるか検証する

1日自動車保険への加入を思い立った時に、「本人名義の車で加入できるのだろうか」「妻、夫名義の車で加入できるのだろうか」と疑問に思うことも多いと思います。本人名義や配偶者名義の車でも1日自動車保険に加入できたら、使う日だけ保険をかければよいので節約になるかもしれません。はたしてそのような活用法ができるのかを検証しました。

続きを読む

1日自動車保険には車両保険をつけるべき3つの理由

1日自動車保険には、最低限の補償のみの基本プランと、オプションとして車両補償のついたプランがあります。基本プランは各社1日500円となっており、車両補償をつけた場合1日1500円、ないしは1日1800円となります。1日の保険料が倍以上になりますが、車両補償はつけた方がよいのでしょうか。どのプランにするか、迷う方も多いと思います。結論としては、車両補償は必ずつけるべきです。理由を説明します。

続きを読む