1日自動車保険の補償内容を比較する

1日自動車保険は、ちょっと車を借りて運転する時に1日500円から加入できる便利な保険です。親や友達の車を借りて運転する時や、友達の車でドライブに出かけて交代で運転するというような時に必要な日数だけ加入できる短期の自動車保険です。基本的な対人賠償、対物賠償などの補償については各社で大きな違いはありませんが、特約や割引制度、サービス内容で違いを出しています。保険料も基本プランが500円、車両保険付帯で1500円ないしは1800円と同水準です。

1日自動車保険を利用するシーンによって、最適な商品、最適なプランを選択しましょう。ここでは1日自動車保険の補償内容について各社商品を比較しつつ、シーンごとにおすすめの商品を紹介していますので参考にしてみてください。

続きを読む

1日自動車保険の保険料を比較する

1日自動車保険は1日500円から入れる自動車保険です。2012年に東京海上日動が発売開始し、その後三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保が参入しました。2017年には発売以来の各社契約件数の累計が500万件を突破し、ますます多くの人に支持され、利用される商品となっています。1日自動車保険の保険料の仕組みがどうなっているのか、各社商品の特徴をまとめました。

続きを読む

初めての1日自動車保険、当日手続は避けるべき3つの理由

何をするにも、入念な下調べと代替案の用意は重要です。1日自動車保険の利用にあたっても、同じことが言えます。親の車に乗る、友人の車でドライブに出かけるなど、あらかじめ予定が決まっているのであれば、その当日になってはじめて1日自動車保険の申し込みサイトを訪れることは避けた方がよいでしょう。1日自動車保険は仕組みとしては即日の契約開始が可能となっていますが、そもそも契約までたどり着けない可能性があるからです。説明しましょう。

続きを読む

今後ますます必要とされる1日自動車保険

ますます1日自動車保険への注目度が上がっています。既に自動車を所有している人からすると、なぜ1日だけ入る自動車保険が世の中でこれほどまでに必要とされているのか、あまり想像できないかもしれないですね。しかし自動車を所有していない層、主に若者世代にとっては、まさに「こんな保険を待っていた」と言いたくなるような、今どきのライフスタイルにぴったりの保険なのです。各社契約件数の順調な推移とともに、今後もますます必要とされる理由をまとめてみました。

続きを読む

1日自動車保険特有のデメリットと注意点

1日自動車保険は車を借りて運転する場合に1日単位で補償を受けられる、今までになかった便利な保険です。しかし手軽にネットで申し込み手続きができるということは、一方で申し込みをする契約者側でしっかりと内容や仕組みを理解した上で、適切に申し込み手続きを行う必要があることを意味します。1日自動車保険に加入するにあたっての注意点をまとめました。

続きを読む

1日自動車保険活用のメリット

近々友人の車や実家の親名義の車に乗るにあたって1日自動車保険を利用するのがよいのかどうか、検討している人も多いことでしょう。自分で車を持っていなくても、車を運転する機会は案外あるものです。そのような時、1日自動車保険が販売される前であれば、運転する車の条件を変更してカバーされるようにするか、1年契約のドライバー保険に自分で加入するか、乗らないことにするか、無保険状態を承知で乗ることにするか・・・そのくらいしか選択肢がありませんでした。「1日ないしは数日の超短期のドライバー保険があればなぁ」というニーズをくみ取って販売開始されたのが1日自動車保険です。1日自動車保険のよいところ、活用することのメリットをまとめました。

続きを読む

1日自動車保険とは

1日自動車保険の認知度があがり、普及してきています。ニュースで取り上げられたり、コンビニで見かけたりしてその存在は知っている、でも実際どういう商品なのかよく知らない、という人も多いのではないでしょうか。ここでは初めて1日自動車保険に触れる初心者向けに概要を分かりやすく解説します。

続きを読む